しば部長の菜園作り豆知識
朝顔の種まき方法

朝顔のタネを蒔く時には、「タネに水を十分吸水させておいてから蒔くと良い。」と言われていますが、それを検証する目的で発芽試験を行ってみました。

■ 種まき前の処理
Aタネに傷を付けたもの(刃物・ヤスリ等で表面を削る)、 B一晩水に浸けたもの、C何も処理しないもの

■ 種まき後 5日目
B一晩水に浸けたもの14粒中2粒発芽、Aタネに傷を付けたもの15粒中12粒発芽、C何も処理しないもの15粒中1粒発芽

Aのタネに傷をつけてから蒔いた場合、発芽が一番早く揃いました。

昨年の、6月下旬に無加温、雨よけビニールハウス内にて実施いたしました、写真の通り、種子に傷をつけてから蒔いた場合、発芽が一番早く揃いました。 以上の結果から、朝顔の種まき方法として次の方法をご紹介申し上げます。

「タネに傷をつけてから蒔く」方法をご紹介!

①タネに傷を付ける

へのの部分を傷つけないように注意 ●注意点
へその部分を傷つけないように注意して下さい。ヘソ以外の所であれば、どの箇所に傷をつけても差し支えありません。爪切りのヤスリの部分を利用すると比較的簡単に安全に傷をつけることが出来ます。
このような感じに傷つけます ヤスリ
傷つけ処理完了。茶褐色の表面皮が削り取られ、白い部分が見られるようになれば十分です。削りすぎに注意して下さい。

傷をつけた朝顔の種


②種まき
傷つけた種は水に浸ける必要はありません。そのまま蒔いて下さい、蒔き付け深さ1~1.5cm位、土をかけたら手のひらで土の上を軽くたたき鎮圧させます。土とタネを密着させてやる事で土に含まれている水分がタネに移行しやすくなり発芽しやすい状態になります。 水を十分に与えます。

③種まき後の管理
発芽温度は20~30度 25℃以上が望ましい、高い温度で短期間に発芽させるのがコツ。低い温度のままで発芽までの期間が長くかかってしまう場合はタネが腐敗してしまい発芽しないことがあります。 水は与えすぎないように注意して下さい。よほどの事がない限り発芽までは必要ないと思われますが、土の表面が乾いているようでしたら適当量あたえて下さい。適温で管理すれば1週間ほどで発芽は揃うと思います。

④発芽後の管理
肥料分(特に窒素分)が多すぎると葉や蔓ばかりが繁って花のつきが悪い事があります。肥料は元肥で一度に与えてしまうよりも、葉の色や生長の具合を見ながら追肥を施すほうが栽培しやすいと思います。

自然と共にあゆむ ~自然観察から春の作付け適期を知りましょう~ ニサラダ人参(ピッコロ)の栽培 小松菜の栽培 ブロッコリースプラウトの栽培 秋胡瓜の習性について 春まき大根その後 ほうれん草の夏栽培と発芽の豆知識 景観用ひまわりの育て方 朝顔の種まき方法 インゲンのこと 春まき大根のその後 春まき大根栽培の注意点 「とう立ち」について 「冬の室内栽培」のポイント! その2 「冬の室内栽培」のポイント! その1 小さいタネを上手に蒔く工夫 用途に合わせた3つのタネの蒔き方